現在位置: ホーム 学生生活 学生生活のQ&A
パーソナルツール

学生生活のQ&A


 

学生への連絡は掲示板から

学生への連絡は、A号館1階学生掲示板に貼り出しています。休講、教室変更、呼出、各種お知らせ等はここで確認することになるので、毎日必ず見るようにしてください。また、休講情報等は本学ホームページにも掲出していますので、パソコン、携帯電話により確認してください。

掲示したものは学生に周知したものとみなします。掲示を見なかったという理由で異議等を申し立てることはできませんので、見落とさないよう注意してください。 

 
 

事務局の窓口業務について

  • 利用できる時間は、月~金曜日の8:30~17:15です。(祝日、12/29~1/3除く)
    夏期・冬期・学年末休業期間、開学記念日、全学休講日も業務を行います。
  • 各種申請書や届出用紙は窓口カウンター左側のキャビネに備え付けています。

 
 

証明書の交付を受けるときは

証明書発行機で発行できないものについては、「証明書交付願(様式第4号)」に必要事項を記入のうえ事務局に提出してください。

※原則申請日の翌日15時に発行しますが、4~5月は申請日から3日後の発行となります。

※お渡しする際、学生証で本人確認を行います。
※就職、編入学に使用する場合は、「交付願」にキャリア支援センターの確認印が必要です。
※窓口での交付、証明書発行機での発行にかかわらず、厳封が必要な証明書がある場合は窓口に申し出てください。


>>卒業生の方はこちらをご覧ください


 

JR通学定期券を購入したいときは

「通学証明書交付願(様式第5号)」を記入のうえ事務局に提出してください。「通学証明書」は各年度の初回購入時のみ駅に提出する必要があります。2回目以降の購入は、駅の窓口で前回の定期券と引き換えで購入することができます。

 

 

学割証(学生旅客運賃割引証)の交付を受けたいときは

  • 証明書発行機から発行できます。
  • 学割証は、片道100kmを超える区間を乗車(船)するときに発行されます。
  • 有効期間は発行の日から3ヶ月です。

 

 

休学、復学するとき

事務局に「休学願(様式第1号)」「復学願(様式第2号)」の用紙があります。記入する前に必ずクラス担任へ連絡し、休学期間、復学の時期等について相談してください。病気の場合は、医師の診断書の添付が必要です。 なお、日本学生支援機構奨学生は、別途手続が必要となります。詳しくは事務局にお問い合わせください。
  

 

退学するとき

事務局に「退学願(様式第1号)」の用紙があります。記入する前に必ずクラス担任に連絡してください。日本学生支援機構奨学生は、別途手続が必要となります。詳しくは事務局にお問い合わせください。なお、授業料未納の場合は退学を許可できないので注意してください。
 

 

住所、電話番号、氏名が変わったとき

本人及び保護者の住所、電話番号(携帯電話)が変わった時は、直ちに、「学籍簿記載事項変更届(様式第3号)」を事務局に提出してください。電話番号(携帯電話も)だけの変更の場合も緊急に連絡するときに困りますので、必ず届け出てください。 氏名変更のときは戸籍抄本の提出が必要になります。
  

 

本籍を変更したとき

入学時に届け出た本籍(都道府県)に変更が生じたときは、事務局に戸籍抄本を持参のうえ申し出てください。
  

 

学生証を紛失したとき

「学生証再交付願(様式第6号)」を記入のうえ、事務局に提出してください。

 
 

忘れ物・落し物をしたとき

事務局で預かった落し物についてはA号館学生昇降口前にある落し物ケースに保管しています。(ただし、財布、携帯電話等の貴重品については落し物ケースに入れませんので、事務局にお問い合わせください。)
  

 

ロッカーの鍵を紛失したとき

速やかに手数料410円を添えて「学生ロッカー鍵紛失届」(様式第9号) を事務局に提出し、再交付の手続をしてください。
  

 

ケガをしたとき、体調不良のとき

保健室の看護師に申し出てください。不在の場合は事務局までおいでください。

 
 

感染症に罹ったとき

インフルエンザなど以下の感染症に罹った場合は、他の人への感染防止のため、医師が指示する期間は「出席停止」となりますので、絶対に登校しないでください。また、その場合は速やかに大学に連絡してください。

インフルエンザ、百日咳、はしか、流行性耳下腺炎、風疹、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜熱、結核、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウィルスであるものに限る。)、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る)、特定鳥インフルエンザ、コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎(はやりめ)、急性出血性結膜炎、その他の伝染病(感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症等)

 ※インフルエンザの出席停止期間は「発症した後5日を経過」し、かつ「解熱した後2日を経過」するまでです。

 

自家用車で通学したいとき

「自家用車通学許可願(様式第10号)」を事務局に提出してください。 なお、本学から1.5km以内及び学寮からの自家用車通学は認めていません。

 

 

学内、通学途中、実習先でけがをしたとき

本学の学生は、すべて学生教育研究災害障害保険に加入しています。授業中や通学中の本人のケガや事故のほか、実習中等に相手に損害を与えた場合等も該当する場合がありますので、事務局に申し出てください。
 

 

学生の声について

大学運営及び学生生活について皆さんの建設的な声をお聞きするため、専用のメールアドレスを設置しています。本学で付与した各学生個人のメールアドレスから送信してください。
gakusei-koe@yone.ac.jp

 

アルバイトについて

事業所から申込みがあり、許可したアルバイトのみ図書館前ホールの掲示板に掲示してあります。申し込む場合は、直接事業所へ連絡してください。
なお、掲示されている事業所以外でアルバイトをする場合は、「アルバイト届」(様式第11号)を事務局に提出してください。

 

大学の施設、物品を使用したいときは

 「校舎・器具等使用届」(様式第12号)を事務局に提出してください。

自治会公認サークルが事前に届出した活動日以外の日時に施設利用するときも同様です。
 

各種申請書等一覧

許可願・届及び証明書の交付手続をするときには、下記様式に記入のうえ、必要なものは、検印者の確認を受けて、事務局に提出してください。

 *検印者のうち、補導は学生部厚生補導担当、顧問は各サークルの顧問とします。
 

番号様式提出期限検印者備考
第1号休学・退学願 担任疾病の場合は医師の診断書を添付
第2号復学願 担任 
第3号学籍簿記載事項変更届  本人及び保護者の住所変更等(電話番号も)
第4号証明書交付願
(証明書発行機で発行できる
証明書を除く※2)
 
前日※1学科又は
キャリ支援センター長
人物・推薦は学科の、就職・編入試験用はキャリア支援センター長の検印
第5号通学証明書交付願前日※1  
第6号学生証再交付願   
第7号追試験・再試験受験願 担当教員担当教員が認めた時
第8号欠席届 担任感染症の場合は確認できる書類を添付
第9号学生ロッカー鍵紛失届  410円を添える
第10号自家用車通学届  自家用車通学の場合
第11号アルバイト届  学内掲示以外のアルバイト
第12号校舎・器具等使用願2日前顧問 土日利用の場合は顧問の承諾を得ること

※1  4~5月は3日前までに(土、日祝日除く)提出してください。
※2 証明書発行機で発行可能な証明書:在学証明書、成績証明書、学割証、卒業見込証明書等画面に表示されるもの
◎上記のほか、企業や大学を受験する場合、合否が分かった場合には、キャリア支援センターへ報告書の提出が必要となります。詳細はキャリア支援センターのガイダンスで説明しますので、必ず出席してください。