現在位置: ホーム 学生生活 日本学生支援機構奨学制度
パーソナルツール

日本学生支援機構奨学制度

概要

日本学生支援機構は、優れた学生で経済的に修学が困難な人に学資の貸与を行うことにより、国家及び社会に有為な人材を育成するとともに、教育の機会均等を図ることを目的とする独立行政法人です。
貸与された奨学金は、卒業後返還することになり、後輩の奨学金として再び活用する仕組みになっています。
奨学金を希望する人は、将来の生活設計を考え、奨学金の種類、申し込み条件、返還方法を十分考えて申し込んでください。
 

貸与奨学金の種類

貸与奨学金の種類および貸与月額は以下のとおりです。第一種、第二種の併用貸与を希望することも可能です。
        

利子 種類 貸与月額(平成30年度以降入学者) 貸与期間


第一種・
緊急採用
【自 宅 通 学】 45,000円※、30,000円、20,000円
【自宅外通学】 51,000円※、40,000円、30,000円、20,000円
正規の修業年限(2年間)

※緊急採用は原則1年


第二種・
応急採用
20,000円~120,000円(10,000円単位)
※ 最高月額を選択できるのは、日本学生支援機構の設定する家計基準を満たす者のみです

        

利子 種類 貸与月額(平成29年度以前入学者) 貸与期間
無 
利 
子  
第一種・
緊急採用
【自 宅 通 学】 45,000円、30,000円
【自宅外通学】 51,000円、30,000円
正規の修業年限(2年間)

※緊急採用は原則1年


第二種・
応急採用
20,000円~120,000円(10,000円単位)


募集について

  • 予約採用
  • 高校在学中に申し込み、採用候補者として決定している学生は、入学後、4月に開催される説明会に参加し、書類審査後、インターネットを通じて「進学届」を提出することで、奨学生として本採用されます。
     
  • 在学採用
  • 入学後に申し込みをし、本学から日本学生支援機構へ推薦することによって採用されます。在学採用は毎年4月に説明会を開催し、募集しています。説明会は原則としてこの1回のみですので、申し込みを希望する学生は必ず参加してください。
     
  • 緊急・応急採用
  • 家計の急変により緊急に奨学金が必要となった学生に対し、「緊急採用(第一種)」、「応急採用(第二種)」を随時受け付けています。家計の急変より1年以内が申込期限となっていますので、希望する者は事務局教務学生課へ相談してください。


貸与中の手続き

  • 返還誓約書の提出(6月~7月)
  • 奨学生に採用された後は、期限までに「返還誓約書」を作成し提出しなければなりません(中途辞退や退学も同様)。期限までに提出しなかった場合は、振込済の奨学金を一括返戻した上で採用取消となります。詳細については「採用者説明会」にて説明を行いますので、掲示板で開催日時等を確認してください。
     
  • 「継続願」の提出(12月)
  • 奨学生は、1年次の12月に「奨学金継続願」を提出しなければなりません。定められた期限までに提出をしない場合は、2年次からの奨学金が廃止されるなどの不利益が生じます。
    ※ 留年や成績不振等、奨学生としてふさわしくないと判断された場合は、継続願を提出しても奨学金は「廃止」となります。常に奨学生であるという自覚を持って生活するようにしてください。


返還中の手続き

  • 奨学金の返還(貸与終了後7か月後)
  • 奨学金の返還は、貸与が終了した月の7か月後から始まります。「月賦」または「月賦・半年賦併用」のどちらかの方法で、口座振替により返還することとなります。残高不足などにより振替不可能な場合、口座振替の停止、債権回収会社からの督促措置が取られる事となります。残高が不足することのないよう、常に気を付けるようにしてください。
     
  • 返還猶予
  • 【在学猶予】
    本学入学前に他大学などで奨学金を受けていた学生、または在学中に奨学金の貸与を終了した学生で、本学在学中は奨学金の返還を希望しない場合、在学届を提出することで在学期間中の返還を猶予することができます。詳しくは奨学金掲示板に掲示しますので、期間内に届出るようにしてください。また、本学卒業後4年制大学などに編入学した場合も同様ですので、進学先の指示に従ってください。

    【卒業後・返還猶予】
    返還期間中に、災害または病気、未就職や低収入等で返還が困難になった場合は、願出により返還が猶予されることがあります。詳しくは貸与終了者説明会で配布される「返還のしおり」を参考にしてください。