現在位置: ホーム 学科紹介 教員紹介 社会情報学科 伊豆田義人 教授
パーソナルツール

伊豆田義人 教授

Profile

教授 伊豆田義人
担当科目 インターネット演習、ウェブデザイン、グラフィックス演習、グラフィックスデザイン、情報処理演習II、情報処理演習III、教養ゼミ、卒業研究
最終学歴 博士(工学)


学内コンテンツへのリンク

 (1) Office365へのログインが必要なコンテンツ。ここからログイン
   ● 米TOEIC(2016) 
    異文化理解Iへ移動(2016年前期) 
    情報システムの諸説明書 
 
 (2) 授業のホームページ(外部ホスティング)
    授業HP (要認証:短大HP「学内専用」のパスワードと同じ)


研究分野

(1) 言語解析
(2) システム工学
(3) 多変量分析
(4) ウェブコンテンツ
(5) グラフィックス
(6) ネットワーク


研究テーマ

(1) 言語解析。日本人学生が英語の音をどのように発生しているのかという課題に取り組んでいます。
(2) システム工学。多次元システムという数理的なモデルの解法を研究しています。
(3) 多変量分析。実践的に、調査等のデータ分析への応用等を検討しています。


主な論文・著書

 (2015年の一部)

≪言語解析≫
 

(1) Formant Analysis of the English Alphabet Read by Japanese Female Students and Native Speakers, Proceeding: 1st International Conference on Teaching & Learning (ICTL 2015), Langkawi, Malaysia 14-15 September 2015, ISBN 978-967-13637-1-3, pp.18-22


(2)A Study on How Young Japanese Female College Students Say the English Alphabet: Comparison of the Fundamental Frequencies F0s across the Sub-Groups and Along Different Percentiles, Proceedings of The Asian Conference on Second Language Acquisition and Teacher Education, SLATE 2015/8/2-4 Hiroshima, digital format, ISSN: 2189-2164, 8 pages.



≪システム工学≫

(1) An Observer Controller Design Method for 2-D Discrete Control Systems, Proc. of 2015 IEEE Int. Conf. on Information and Automation, Lijuan, China, 2015/8. (Izuta and Nishikawa)


(2) Design of Asymptotically Stabilizing State Feedback Controllers for 2-D Discrete Control Systems, Proc. of 2015 IEEE Int. Conf. on Information and Automation, Lijuan, China, 2015/8 (Nishikawa and Izuta)


所属学会

 IEEE等


社会活動

 


趣味・関心領域

<私事で恐縮なんだけど>
 
数年前ほど活発ではないのですが大型二輪を楽しんでいます。そして、健在なのは、食べることとサウナです。

<食べることを趣味にしている自分>

出張先であれこれを試したくなり、見る見る体形が変化するのを自分でもわかります。年度末頃には、普段より体重二ケタ増になっていることもあるが、いつも、年度はじめまでには、普段の体重までに減量し、高校時代の重量で春を迎えます。

減量方法?うちの場合は

(1) 運動(減量期には一日1~2時間、維持期には一日30分程度)

(2) 規則的な生活リーズム(就寝、起床、一日の活動)

(3) 規則的な食生活。たとえば、間食しない、甘いものやジュース類はほどほどに、またダイエットはしない

※(2)があれば、(3)はそれほど重要ではないような気がします。

<サウナを趣味にしている人って、他にどれくらいいるんでしょうね>

温泉では、サウナと水風呂のみを利用させていただいています。

サウナというと、『熱い!!!』というイメージが強いと思いますが、それはそのとおりなんだけど、実は、サウナには、「乾式」や「遠赤外線」、「湿式」等の種類があり、それぞれの温度と楽しみ方が違います。

例えば、「湿式」サウナの温度は40~50度が一般的で、温泉風呂の水温と同じくらいです。その一方で、「100度!!」の乾式サウナは珍しくないです。

サウナの世界も実に奥が深いです。というわけで、サウナ巡りもたまにはします。

 


受験生へのメッセージ

本学は アットホームな雰囲気です。楽しく学べるだけではなく、沢山の人と出会うことができますので、歴史や風情溢れるこの城下町で青春の一ページを刻んでください。