現在位置: ホーム 学科紹介 教員紹介 社会情報学科 中川恵 講師
パーソナルツール

中川恵 講師

社会情報学科

Profile

講師
中川 恵(なかがわ めぐみ)
担当科目
社会学、地域社会学、環境社会学、情報社会論、社会調査演習、情報処理演習Ⅰ、教養ゼミ1、基礎ゼミ1、専門ゼミ1
最終学歴
東北大学大学院文学研究科 社会学専攻分野
博士(文学)
 

専門分野

農と食の社会学

 


研究テーマ

1.食の社会運動

 グローバリゼーションにともない食料生産や消費の画一化が進んでいますが、同時に、地元の食文化や生産風景を守ろうとする取組も世界各地に広がっています。私は、協同組合活動、有機農産物等の産消提携、1990年代以降に誕生したCommunity Supported Agriculture(CSA:地域支援型農業)などの日本の活動を対象に、食の生産者の視点を重視して研究しています。
 原発事故が起きた今、これらの活動がいかにして今日的な問題を乗り越えるかは、政策的にも実践的にも重要な研究課題です。
 

 2.地元学

 「地域の宝さがし」を旗印とする地元学を、ゼミ生をはじめとする学生とおこなっています。2017年度は、「探索的学習による地域研究手法と論点の整理―「食と農の地元学」発信に向けて(1)」と題して生活文化研究所共同研究を実施しています。
 ゼミでは農山漁村と暮らしを共通テーマとして、現場に足を運び、話を聞き、体験することをつうじて卒業研究にとりくんでいます。私の役目はお世話になる方々や学問、そして地域にとって地元学が意義あるものになるように考えつつ、学生の「学び」と伴走することです。


主な論文・著書

  • 中川恵、2014年、「生産現場から立ち上がるCSA―提携運動の今日的展開」『社会学研究』93号、177-198頁。
     
  • 中川恵、2015年、「放射能測定と産消提携―宮城県南部の事例をもとにして」『社会学研究』95号、125-143頁。
     
  • 中川恵、2016年、「震災以後の生産者・消費者関係-いかにして放射能汚染を乗り越えるか」長谷川公一編『岐路に立つ震災復興』2016年、東京大学出版会、153-171頁。 
     
  • 中川恵、2017年、「原発事故後の「提携」関係」帯谷博明・鳥越皓之編『よくわかる環境社会学〔第2版〕』ミネルヴァ書房、83頁。
     
  •  Megumi Nakagawa, Giido Izuta, 2017, “An Investigation of the Northeastern Rural Regions of Japan Based on the Conjoint Analysis Modeling Approach”, Asian Journal of Humanities and Social Studies 6: editing


所属学会

 Rural Sociological Society, European Society for Rural Sociology
 環境社会学会、日本村落研究学会、東北社会学会、東北社会学研究会、東北農業経済学会、 日本社会学会

 


趣味・関心領域

 野球がしたい…と思いながらも、昨年度は月に1度バッティングセンターに行くくらいでした。 健康って大事ですね。最近はYoutubeでヨガ動画を見つけ、実践しています。


社会活動

・米沢都市計画審議委員(2016-)

・宮城県グリーン・ツーリズム推進協議会(2015年4月-)

・講演「地域支援型農業と持続可能な地域づくり―地域が支える「鳴子の米プロジェクト」―」平成22年度河北町認定農業者の会主催研修会(山形県河北町、2011年3月2日)

・講演「日本のCSA運動の事例」たかはた共生塾・米沢地域有機農業推進協議会・高畠町有機農業推進協議会主催シンポジウム(山形県高畠町、2015月2月7日)


・ラジオ出演「東北大学社会学研究室・長清水聞き書きプロジェクト」J-WAVE『JAM THE WORLD』内「Heart to Heart」(2015年9月15日)

・パネラー登壇「にっぽん・食の哲学塾2015 私たちは鳴子の米プロの活動に未来を見る」NPO法人鳴子の米プロジェクト主催パネル・ディスカッション(宮城県大崎市、2015年11月15日)

受験生へのメッセージ 

 入学したら何をしたいですか?何をできるようになりたいですか?
たくさんのやりたいことが叶うように応援します。米短で会いましょう!