現在位置: ホーム 学科紹介 教員紹介 日本史学科 松田澄子 教授
パーソナルツール

松田澄子 教授

日本史学科

Profile

教授 松田 澄子 (まつだ すみこ)
担当科目 日本史概説5、日本史講読5、日本史演習5、日本史特殊研究5、生活文化史2、教養ゼミ、卒業研究、
社会福祉概論(健康栄養学科科目)
最終学歴 愛知教育大学大学院 教育学修士(愛知教育大学)


専門分野

・女性史(近現代)
・子守学級と農繁託児所
・社会福祉


研究テーマ

子守学級及び農繁託児所については、山形県の4地区のすべての調査を終えて、2冊の本にまとめたところです。
現在は、山形県の近現代の女性史について研究しています。


主な論文・著書

(1)『子守学級から農繁託児所へ 村山・置賜地区編』(単著) みちのく書房 2003

(2)『子守学級から農繁託児所へ 最上・庄内地区編』(単著) みちのく書房 2008年
(3)『日露戦争時の保育施設について』(単著) 山形近代史研究会 2009年
(4)『山形県内の婦人消防隊について』(単著) 山形県立米沢女子短期大学 2010年


所属学会

日本社会福祉学会、日本保育学会、総合女性史研究会、山形近代史研究会、米沢史学会等

社会活動

全国私立保育園研究大会山形大会 講師 「子守学級から農繁託児所へ ~保育所のルーツを探る~」 (山形市 大手門パルズ 2008年6月)


趣味・関心領域

映画(山形ドキュメンタリー映画祭を楽しみにしています。)
テレビ番組では、NHKの大河ドラマや社会問題、社会福祉に関する番組をよく見ます。


受験生へのメッセージ

歴史や現代社会をジェンダーの視点でもう一度見直すと、見えなかったものが見えて来ます。21世紀は男女共同参画の時代です。男女が家庭で、職場で手を携えて生きていけるような社会を作っていくには、どうしたらよいのか過去の女性の生き方から探っていきたいと思っています。