現在位置: ホーム 学科紹介 社会情報学科 ITパスポート試験 合格者の声
パーソナルツール

社会情報学科 ITパスポート試験 合格者の声

令和元年度入学 社会情報学科 阿部芙三さん

ITパスポート合格者

将来の進路の幅を広げるためと、国家資格という響きがかっこよかったため受験しました。


ITに興味があり、将来必ず役に立つ資格だと思い、受けました。


最初は、3文字の単語で略し表されるIT用語が多く、苦しめられました。しかし、その単語の意味を説明できるまで理解することで、覚えられた時はとても嬉しかったです。そこからは、楽しんで資格勉強ができた気がします。


IT用語は日々新しい言葉が生まれているため、過去問だけではなく、最新のIT用語を自分なり調べておくといいと思います。


ITに興味がある方には、試験勉強がとてもやりがいがあるものになると思います。頑張って下さい!


令和元年度入学 社会情報学科 二坂香帆さん

ITパスポート合格者

将来の進路の幅を広げるためと、国家資格という響きがかっこよかったため受験しました。


私自身 IT の知識は皆無でしたが、そんな方でも、たくさん勉強して諦めず受験すれば合格できます。


米短には 、IT パスポートの範囲になっている授業が多くあり、「基礎ゼミ七」では集中して IT パスポートの勉強をするので、学習環境が整っています。この資格に合格するためには、継続力が鍵になってくると思います。


将来役に立ち、自分の成長に繋がる、ITパスポート試験を是非受験してみてください!


令和元年度入学 社会情報学科 荒明颯希さん

ITパスポート合格者

編入学や将来就職する際に役に立つと考え、受験しました。


最初は分からない用語ばかりで覚えるのが大変でしたが、問題を何度も解くことで理解できるようになっていきました。


ITパスポートの勉強は数日空けてしまうと知識が抜けてしまうことがあります。そのため、毎日少しずつでも知識を蓄積していくことが合格への近道になると思います。


勉強すればするだけ、きっと結果になって帰ってきてくれるので、是非受験してみて下さい。応援しています。


令和元年度入学 社会情報学科 真田舞央さん

ITパスポート合格者

ITパスポートに興味があり、受験しました。


公開問題を繰り返し解き、間違えた問題などはテキスト等を見て理解できるように勉強をしました。


関連する講義を受講し、公開問題を繰り返し解くことで慣れると思うので、受験を考えている人は頑張ってください。


令和元年度入学 社会情報学科 金子夢さん

ITパスポート合格者

就職活動に役立つと思い、 ITパスポート試験を受験しました。


公開問題を繰り返し解き、分からない用語があった時は、覚えるまで何回も意味を書いて勉強しました。


聞きなれない用語が多く、最初は大変だと思いますが、勉強した分、結果はしっかりついてくるので、積極的に受験してみてください。


令和元年度入学 社会情報学科 藤橋蒼衣さん

ITパスポート合格者

編入学に役立ち、自分の自信にも繋がるのではないかと思い、試験を受けました。


初めは分からない単語や計算問題に苦戦することも多々ありましたが、公開問題を繰り返し解いたり、ゼミでの学習を重ねていくことで対応することができました。


どの学習にも言えることですが、基本が何よりも大切です。単語1つ1つの意味を正確に理解していくことが試験合格への大きな前進になると思います。


自分の力を信じて挑戦してほしいです。


令和元年度入学 社会情報学科 村上茉凜さん

ITパスポート合格者

編入学や今後就活をする際に役立つと思い、 ITパスポート試験を受験しました。


1年生のうちに取得することを目標にしていたため、勉強時間が5ヶ月ほどと限られていたので、勉強の”質”と”量”のどちらに重きを置いて学習を進めていくかを決めながら取り組みました。


ITパスポート試験の資格勉強を通して、ただ闇雲に勉強するのではなく、いかに計画を立て、実行に移せるかが”合格”を勝ち取る上で重要なことであると実感しました。


合格した時の達成感から、自分に自信を持つことにもつながります。


興味のある方は是非、挑戦することをおススメします。頑張ってください!!


平成30年度入学 社会情報学科 西内愛実さん

2019ITパスポート

編入後にも役立つと思い受験をしました。高校から馴染みのある国家試験であった為、「ここで合格してやるぞ」という気持ちで取り組んできました。


IT パスポートの試験に限りませんが、インプット・アウトプットのバランスが大切だと実感しています。インプットはテキストを何度も読み返し情報を得ること、アウトプットは過去問を繰り返し解くことで自分の苦手な傾向を把握することに繋がります。


地味な作業のように思いますが、この作業をしっかりこなすことが合格の鍵になると思います。また、最近ではシラバス Ver 4.0に対応した問題が多数出題される為、新しい用語にも対応する勉強が必要です。


私は取得するのに時間がかかる方ですが、めげずに何度も挑戦してみてください。きっと皆さんの力になると思います。頑張って下さい。


平成30年度入学 社会情報学科 臼澤希さん

2019ITパスポート

希望の大学を受ける為に必要だったので受験しました。


私の場合、時間があまりなかったので、過去問を何度も解き、分からないor間違えた部分はテキストを読んだり自分で調べ、理解しました。


ITパスポート試験は短期間何度でも挑戦できる国家資格で、さらに米短にはこの資格に関する授業が沢山あります。分からないことがあったらすぐに質問できる先生方もたくさんいます。


合格目指して頑張って下さい。


平成30年度入学 社会情報学科 中里日奈美さん

2019ITパスポート

編入に役立つと思い試験を受けました。


元からPCに触れる機会が多かった為、演習よりも参考書の暗記をメインに学習しました。


多少用語になじみがなくても、ITパスポートに関する講義を受講することで十分合格は可能だと思います。


ITに関する知識の理解を客観的に示すことのできる資格でもありますから、興味のある方はぜひ挑戦してみて下さい。


平成30年度入学 社会情報学科 伊藤朱里さん

2019ITパスポート伊藤朱里

入学前からITパスポートに興味があったため受験しました。


パソコンの知識がない人でも勉強すれば合格できる資格です。そのためには、1年生の前期の「IT概論」と後期の「基礎ゼミ七」を受講することをおすすめします。また、試験に対応した科目も積極的に受講してください。


試験は公開問題をひたすら解き、分からない用語があったらすぐ復習することを心がけていけば、しっかり知識が身につくと思います。


結果を出せなかったとしても、今まで勉強した時間を無駄にせずに、何度も挑戦してください。


「やる気」と「諦めない心」が実を結びます。頑張ってください!


平成30年度入学 社会情報学科 高橋樹里亜さん

社情資格合格

自分の強みになると思い受験しました。


公開問題を解いたり、用語の理解を深めるなど、勉強した分だけ結果に現れる試験だと思いました。用語の暗記が合否の重要なポイントだと思います。


自分の自信につながり、就職や編入学の際プラスになると思うので、ぜひ受験してみて下さい。


平成30年度入学 社会情報学科 小林真里奈さん

社情資格合格

高校の頃、友人が受験していて興味があり、就活や編入学に役に立ち、またITに関連する知識を持っていることを証明できる国家資格であるということで受験しました。


覚えることがたくさんあり、少しですが計算問題があるので大変ではありますが、公開問題を繰り返し解けば、それだけ自分の力になるので、皆さんも合格を目指して是非頑張って下さい。


平成30年度入学 社会情報学科 川代唯さん

社情資格合格

編入学に役立つと思い、ITパスポート試験を受験しました。


計算問題や表の問題は落ち着いて解くと案外簡単なものが多いと感じました。用語は、意味を確認し何度も過去問を解くことで覚えることができました。


ITパスポート試験対策のゼミには所属していなかったこともあり、分からないことだらけでしたが、自力で勉強しても合格は可能なので、ぜひ頑張ってください。