現在位置: ホーム 学科紹介 社会情報学科 公務員 合格者の声
パーソナルツール

社会情報学科 公務員 合格者の声

<山形市役所>に合格しました

令和2年度入学 社会情報学科 M.Tさん

私は米短に入学する前から市役所職員になることを目指しており、上野法律セミナーさんの講座を初めて受講した1年生の8月から本格的に公務員勉強を始めました。上野法律セミナーさんは講座で問題を早く解く方法などを分かりやすく教えてくださり、受講生には作文や面接カード添削、分からない問題の質問への回答を丁寧にしてくださるため、私自身1年生~2次試験終了まで大変お世話になりました。また、2年生の夏休みは周りで公務員を目指す仲間とほぼ毎日学校に来て勉強をしました。分からないところを友人と教え合うことで理解がより深まり、自分が勉強で辛いときも感情を共有し合える仲間がいたことで試験を乗り越えることができました。1次試験が終わるまでは勉強会のプリントや公務員模試の問題、上野法律セミナーさんや市販のテキストを何回も解くという勉強を中心にしていましたが、私は、志望動機を作るために、気分転換も兼ねて志望する自治体に訪れるということを行いました。その自治体が力を入れている取り組みを調べて実際に足を運んでみたり、イベントに参加して地域の人と交流したりすることでより志望度が高まり、この市で働きたい思いが一層強くなりました。


また、面接や作文の対策は、一次試験終了後に本格的に始めました。キャリア支援センターの先生方をはじめ、大学のたくさんの先生方に相談にのっていただき、面接は何度も本番同様の形式で練習をお願いして的確なアドバイスをいただきました。自分の言いたいことが簡潔に相手に伝わっているかを客観的に見てもらうことは大切です。面接も作文も練習を重ねることでどんどん良くなっていくので、ぜひたくさん対策をして本番に臨んでください!


最後に、公務員勉強はとても長くて辛くなることもあるかもしれませんが、たくさん準備して努力した分だけ絶対に結果はついてきます。私は大変なとき、自分が来年度希望する職場で働いているところを想像して、「今頑張ろう」とモチベーションを上げていました。合格の文字を見た時の達成感や喜びは忘れられないほど大きいです。皆さんが希望する進路を達成できることを心から祈り、応援しています!頑張ってください!


<米沢市役所>に合格しました

令和2年度入学 社会情報学科 R.Yさん

私は公務員試験に合格するには、教養試験の勉強はもちろん、なぜその自治体で働きたいのかを面接で人一倍表現することが大切であると思います。面接は、個性や意欲を直接相手に伝えることができる唯一の場所です。そこで大学生活2年間で経験したことやその経験から得た知見、公務員を目指そうと思ったきっかけなどをいかに簡潔にわかりやすく伝えることが重要です。面接は学生1人に対して面接官が大勢いることが多いので緊張すると思いますが、落ち着いて笑顔で挑めば大丈夫です。公務員試験合格に向けて頑張ってください。


<国家公務員Ⅲ種(税務東北)>に合格しました

令和元年度入学 社会情報学科 R.Yさん

私は、入学当初から公務員を志望していたため、一年生の夏から上野法律セミナーさんの公務員講座をはじめ、キャリア支援センター主催の公務員勉強会など、すべてのセミナーなどに参加していました。周りに同じ目標を持った仲間がいる中で勉強をすることで、自分のモチベーションに繋がりました。上野法律セミナーさんの講座に参加すると、重点を絞ったテキストでの学習をすることができたり、いつでも無料で質問や解説をしていただいたりすることができるので、公務員希望の方は受講することをお勧めします。


一次試験までの期間については、私は受講する授業数を少なくし、公務員の勉強に集中するために1年生のうちに単位を多く取得するように調節していました。また、2~3か月前からは1日8時間の勉強で、今まで学習したことをとにかく繰り返し解きました。今日は、この範囲を勉強する、などと小さな目標をたてて少しずつすることで、膨大な範囲でもまんべんなく学習することができました。


二次試験までは、一次試験の合格発表から試験まであまり時間がないので、前もって志望理由などを考えておくことをお勧めします。私は民間企業も受験していたため自己分析などはできていましたが、自己分析をしっかりとすることで、予想していなかった質問をされても自己分析に従って回答することができます。さらに、面接を通しての矛盾が生じることも少ないと思うので、自己分析を細かくすることをお勧めします。面接練習は、キャリア支援センターの方に何度もお願いをして自信をつけることができました。


公務員試験は、一次試験から内定をいただくまでの期間が民間企業や編入試験よりも期間が長いので、ドキドキする時間がものすごく長く感じました。モチベーションを保つのがとても大変でしたが、「絶対合格する」という強い気持ちを持って、周りの友達と励まし合って頑張ってください。応援しています!


<山形県職員(警察行政)>に合格しました

令和元年度入学 社会情報学科 M.Sさん

私は、1年生の8月に開催された公務員講座を受講してから試験勉強を始めました。


一次試験の勉強は、公務員講座や放課後の学習会に参加し、集中できる環境の中でテキストの問題がすべて解けるようになるまで繰り返しました。わからない問題はすぐに質問して、少しずつ理解していくことが必要だと思います。また、学習記録をつけて自分の得意不得意を分析したり、試験日程を書き出して見える化したりすることで、常に目標を意識して学習していました。


二次試験は一次試験の合格発表からすぐ行われるため、面接カードに記入する志望動機などは早めに準備しておく必要があります。私は、試験勉強の合間に受験先について調べることが、勉強のモチベーションにつながったので、少しずつまとめていきました。 面接練習は、自分の言葉で話すことができるまで、何度も先生方にご指導いただきました。繰り返し練習することで自信がつき、面接当日も笑顔で話すことができると思います。


不安なこともあると思いますが、先生方に相談したり、友人と励まし合ったりしながら、最後まで諦めずに頑張ってください!


<福島県市町村立学校事務職員>に合格しました

令和元年度入学 社会情報学科 熊谷京香さん

私は米短に入学した時から公務員志望でした。上野セミナーの講座は1年の夏、春、2年の夏と三回受けてそのとき購入したテキストと過去問350を利用して勉強しました。面接練習は、上野セミナーとキャリセンで一回ずつ行いました。一次も二次も準備しておけば怖くありません。頑張ってください。