現在位置: ホーム 学科紹介 講義紹介 学びの特色
パーソナルツール

学びの特色

全学共通の開放科目の設置

他学科の専門科目も受講できます。

 山形県立米沢女子短期大学は4つの専門学科を持つ総合短期大学です。教養教育課程では、自分の所属する学科以外の学科で開設している科目を受講することができます。全学科共通の授業科目を設け、さらに各学科の専門科目のうち、教養教育に有益な科目を他学科の学生にも自由に開放し、教養科目の単位として認定しています。
 平成30年度は国語国文学科で11科目、英語英文学科13科目、日本史学科22目、社会情報学科22科目開放しています。


◎全学科共通科目

総合総合教養講座/教養ゼミ/キャリア形成支援講座
人文の科目心理学/芸術学/歴史と文学
社会の科目日本国憲法/国際関係論/現代社会論/ジェンダー論
自然の科目健康と栄養/人間発達論
情報の科目情報処理演習Ⅰ・Ⅱ/応用情報処理演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
外国語科目英語一・二・三・四・五・六・七・八・九/英会話A・B・C・D/海外語学実習/フランス語一・二・三・四/中国語一・二・三・四
保健体育科目スポーツ実技一・二・三・四・五・六・七・八・九・十/スポーツ文化論/健康理論


◎各学科の開放科目

国語国文学科国文学概論/国語学概論/国文学史一・二/書道/伝統文化論/有職故実/書誌学/山形の文学/東洋思想/現代社会と教育問題
英語英文学科時事英語/イギリス文学史/アメリカ文学史/イギリス文学作品研究/英米児童文学作品研究/英米文学講読/英語学入門Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/異文化コミュニケーション/英米文化論/日本文化論/異文化理解
日本史学科日本史概説1・2・3・4・5・6/外国史1・2/女性史2/考古学概説/民俗学概説/歴史考古学/生活文化史1・2/国際交流史/地理学1・2/地誌学/法律学/倫理学/哲学/宗教学
社会情報学科行動科学概論/情報社会論/統計学入門/社会学/社会ネットワーク論/地域社会学/環境社会学/社会心理学/集合行動論/社会心理学演習/政治心理学/経済学入門/ファイナンス論/簿記会計演習/経営学入門/メディア文化論/メディア表現論/コミュニケーションデザイン論/メディアリテラシー/情報コミュニケーション/IT概論/基礎ゼミ六

教養ゼミの開設

少人数のクラスで表現力、思考力を養います。

 教養ゼミは、新入生の短大生活に対する期待や学習意欲を高め、持続させていくために設けられた1年生の必修科目です。
 教員全員がそれぞれ工夫したテーマに沿って10名程度の学生に対して授業を進めます。
 教養ゼミの目標は、1.少人数ゼミナール方式によって短期大学における自立的学習の円滑な導入を図る、2.教員やほかの学生とのコミュニケーションを深め、良好な学習環境を互いに醸成する、3.社会的な責任と倫理を理解し、短大における学問や社会の多様性を理解することにあります。
 全学共通のテーマは、「<自分>と出会う・<社会>と出会う」で、具体的には担当教員が決めています。
 1年生の必修科目で、出欠が重視されます。
 教員との出会い、学生間の出会いが生涯の親しい交流や友情の出発点となることでしょう。


総合教養講座

 sougoukyouyouannai
 山形県立米沢女子短期大学独自のカリキュラム「総合教養講座」では、各分野の第一線で活躍する方のお話を伺い、自分の将来について考えることができます。

 


海外語学実習制度

全学科の学生が履修できる、海外語学実習があります。

kaigai  海外語学実習は、毎年英語圏で2週間程度行っており、平成30年度はアメリカのコロラド州デンバーでの実施を予定しています。英語学校での授業、市内見学、そしてホームステイと、参加した学生は英語漬けの生活を送ります。
 短い期間ではありますが、週末が2度回ってくるように予定を組んでいます。その4日間は誰の助けもなく、自力でホストファミリーとのコミュニケーションを図らなければなりません。過酷な試練ですが、他では得られない貴重な体験となります。
 語学実習には全学科の学生が参加でき、3単位が教養の単位として認められます。英語を学びたい、外国に行ってみたい、外国人と英語で会話がしたい、 異文化を体験したいなど、学生一人ひとり、設定する目標は違いますが、2週間が終わる頃には、みな自信と度胸がついてきて、ひとまわり大きく感じられるというのが、引率教員の実感です。
 異文化を肌で体験し、異なる文化を持つ人々と交流することの難しさ、そして楽しさを感じてほしいと思います。 この海外語学実習は、平成11年度から単位認定されました。全学科共通の科目ですので、どの学科の学生も履修できます。
 生きた英語が学べ、外国の文化を知ることができる、他では得られない貴重な体験となります。


研修旅行の実施

 短大生活2年間の学問的基礎を築くとともに、教員・学生間の親睦を深めることを目的に、学科ごとに研修旅行を行っています。
 所属する学科の専攻に関連する施設や史跡などを見学したり、教員から講義を受けたりし、本学学生としての知見と自覚を深めます。


◎過去2ヵ年の研修旅行
  平成30年度平成29年度
国語国文学科いわき市勿来関文学歴史館、スパリゾートハワイアンズ、環境水族館アクアマリンふくしま、いわき市観光物産センター、リカちゃんキャッスル日光、東照宮、鬼怒川楯岩大吊橋、那須高原南ヶ丘牧場、殺生石、那須りんどう湖レイクビュー
英語英文学科東京ディズニーシー、国際子ども図書館ブリテッシュヒルズ(英国文化に触れる)、那須テディベアミュージアム、那須お菓子の城ファクトリー
日本史学科
高屋敷稲荷、大隣寺、二本松城址、岳温泉、大安場古墳又は開成館、須賀川市立博物館
願成寺(喜多方)、道の駅あいづ、天鏡閣、野口英世記念館、芦ノ牧温泉、福島県立博物館、鶴ヶ城会館、松平家墓所
社会情報学科東京ディズニーランド、国際協力機構東京ディズニーシー、築地場外市場、読売新聞東京本社(体験プログラム)


地域との交流

 山形県立米沢女子短期大学では、地域行事への積極的な参加に努めています。例年5月に行われる上杉まつり行列には学生たちが薙刀隊として参加、また2月の雪灯籠を制作するなど、地域の活性化に貢献しています。
 県外出身者はもちろん、地元の学生にとっても、地域への関心と理解を深め、交流の輪を広げる貴重な機会となっています。