現在位置: ホーム 学生生活 困ったときには(保健室からのお知らせ)
パーソナルツール

困ったときには(保健室からのお知らせ)

学生相談室利用案内

「学生生活がしっくりしない」「人間関係・進路で悩んでいる」「勉強・卒研が進まない」「心身の健康」「いや、単に聞いてほしいだけ」など、気軽に相談してください。

一人で悩んでいないで、ぜひ相談室を利用してみてください。

カウンセラーは 寒河江 亜衣子(さがえ あいこ) 先生です。

相談申し込み

  1. 「学生相談申込書」に記入し、学生相談室前の相談ボックスに入れてください。申込書は学生相談室前と保健室に用意しているほか、こちらからもダウンロードできます。相談日時は追って連絡します。
  2. 2回目からの予約は、カウンセラーに申し込んでください。
  3. 予約優先ですが、相談室入口に『自由にお入りください』という表示がある場合は予約者以外でも相談が受けられます。

 

相談室の場所・相談日時

<場 所>

 相談室は、A号館3階の学生相談室(階段向側)です。

<連絡先>

 相談室:内線電話:256

<相談日> 平成29年度開設日

2017年 4月 5日(水)、12日(水)、18日(火)、24日(月)
5月 8日(月)、15日(月)、22日(月)
6月 5日(月)、12日(月)、19日(月)
7月 3日(月)、10日(月)
8月  1日(火)、7日(月)
9月  4日(月)
10月 2日(月)、16日(月)、23日(月)、30日(月)
11月 6日(月)、13日(月)、27日(月)
12月 4日(月)、11日(月)、18日(月)
2018年1月 15日(月)、22日(月)
2月 5日(月)、19日(月)
3月 5日(月)

<相談時間(各日)>
A時間帯 12時05分~12時55分
B時間帯 13時10分~14時00分
C時間帯 14時20分~15時10分
D時間帯 15時30分~16時20分

※電話及び電子メールでの相談は行いません。

 

 

 

ハラスメント相談室

これがハラスメントです!

大学における学生へのハラスメントとは?

優越的な地位を利用して、相手の意に反する不適切な言動を行い、不快感や就学上の不利益を与えたり、就学環境を悪化させたりすることです。
ハラスメントに該当するかどうかは、受け手の感じ方が重要なポイントになります。

ハラスメントには、以下の4種類があります。

  1. セクシャル・ハラスメント(性的いやがらせ)
  2. アカデミック・ハラスメント(教育・研究上のいやがらせ)
  3. パワー・ハラスメント(職場におけるいやがらせ)
  4. 1.~3.に起因する問題等

の4種類があります。

 

【事例】

セクシャルハラスメント

☆カラオケでデュエットしないと指導しないといわれた。
☆実験(実習・実技)の最中に、体に触れられた。
☆執拗に交際の働きかけ(ストーキング行為)を受けた。

 

アカデミック・ハラスメント

☆教育的な指導を正当な理由がないのに拒否された。
☆常識的に不可能な課題の達成を強要された。

 

パワー・ハラスメント

☆上司から業務の指導と称して怒鳴られたり、根拠もなく誹謗中傷された。
☆アルバイト先で過剰な業務を強制させられた。

 

【あなたが不快に思ったら、それはハラスメントです!】

▲相談員は、あなたの側に立って話を聞き、あなたが望むような問題解決を目指します。
▲最初から、全部を話す必要はありません。話せることから少しずつ話してください。
▲できれば、ハラスメントの日時や場所、内容、目撃者などメモをしておくと都合が良いです。
▲ハラスメントを見たり、友人から相談を受けたときも同様に、相談員に相談してください。
▲相談員は、秘密を守りますので、安心して相談してください。

 

ハラスメントの防止に関する指針

 

保健室

心身共に、健康で充実した学生生活が送れるように、学生の皆さんを、サポートします。ベッドが4つあり、いつでも利用できます。簡単な応急処置もできます。健康上の不安、悩み、困ったことなど、何でも気軽に相談してください。
様々なパンフレットも取り揃えていますので、気軽に立ち寄ってください。
また、カウンセリング申し込み、ハラスメント相談の窓口にもなっています。

 

薬について

飲み薬は、副作用の危険性があるため、原則としてお渡しできません。
薬が必要とわかっている方は病院で出してもらうか、自分に合う薬を用意してください。
緊急(内服歴有)の場合は、お渡しすることもあります。

 

貧血 あなたは大丈夫?

女性に貧血が多い理由は?

 女性は、月経や妊娠、出産など女性特有の生理的な機能を持つため、男性よりも血液の需要は多くなります。
そこで当然のことながら、貧血(とくに鉄欠乏性貧血)は圧倒的に女性に多くみられます。20歳代の女性では5人に1人が貧血状態ともいわれ、また献血の際、検査の段階で貧血がわかり、献血できなかったという例も少なくありません。

 

不摂生な食生活を正すのが先決

 鉄欠乏性貧血の予防は、まず朝、昼、夕の3食をきちんととることです。
朝食を抜いたり、食事の代わりに清涼飲料水を飲んだり、菓子などですませたりしていては、鉄分の減少を助長するだけです。
また、ダイエットと称し、非ヘム鉄の多い野菜類だけを食べていれば、鉄不足の状態になるのは当然といえましょう。鉄欠乏性貧血を予防するために、このような不規則な偏った食生活を改めることから始めましょう。

 

鉄を上手にとりいれましよう

軽い鉄欠乏性貧血ならば、鉄分を多く含む食生活を心がけることで回復に向かいます。

【鉄分を多く含む食品】
●動物性食品(ヘム鉄)
肉類(牛、豚、馬、鳥など)、レバー、赤身の魚(にしん、いわし、まぐろ、かつおなど)、その他の魚介類(干し魚、ほたるいか、かき、えび、あさりなど)、卵黄など。

●植物性食品(非ヘム鉄) 海藻類(あおのり、やきのり、ひじき、わかめ、こんぶなど)、野菜(ほうれん葦、パセリ、にらなどの緑黄色野菜、切り干し大根、とうがらしなど)、豆類(アーモンド、ピーナッツ、大豆、そらまめなど)、果物(アプリコット、プラム、レーズンなど)、ごまなど。

【造血作用のあるビタミンB12・葉酸】
ビタミンB12…………肉類、レバー、貝類など。
葉酸 …………………ほうれん草などの緑黄色野菜など。

【鉄吸収を促進するビタミンC】
野菜、果物、緑茶(とくに煎茶)など。

 

貧血と脳貧血

 式典などで長時間立っていたり、実習などでずっと立っていたりすると、急に気持ちが悪くなり、日の前が真っ暗になって倒れることがあります。
これは「脳貧血」と呼ばれるもので、本来、ここで述べている貧血とは別のものです。睡眠不足や過労、下痢などがあったあと、あるいは病気で寝ていたあとに、急に立ち上がったり、長時間立ち続けていると起こることがあります。
脳貧血は、脳を循環する血液の量が一時的に不足した状態になり、顔色が青白くなり、冷や汗をかきはじめ、突然倒れてしまいます。
この場合、衣服をゆるめ、風通しのよい所に移し、足を少し上げて寝かせておけば、2~3分で意識が戻るのが普通です。

 

学校医紹介

内 科 中條医院
米沢市中央5-2-43     電話:0238-23-2070
耳鼻科 酒井耳鼻咽喉科医院
米沢市木場町3-8       電話:0238-23-3341
眼 科 三友堂病院
 米沢市中央6-1-219   電話:0238-24-3700