現在位置: ホーム 附属施設 関連学会 山形県立米沢女子短期大学国語国文学会
パーソナルツール

山形県立米沢女子短期大学国語国文学会

「山形県立米沢女子短期大学国語国文学会」は、本学国語国文学科を主体とする学会です。学科設立19年目の、昭和49年に設立されました。学会構成員は、教員・卒業生・在学生です。
現在では、主に本学教員の論文、学生の優れた卒業研究を掲載する機関誌『米沢国語国文』を年1回刊行し、平成29年度発行の機関誌で第46号となります。

 

◆第46号(北野達教授、千葉正昭教授 定年退任特集号)2017年12月28日発行


・北野達先生、千葉正昭先生のご退任によせて(鈴木道子)
・北野達教授 略歴並びに研究教育業績目録
・千葉正昭教授 略歴並びに研究教育業績目録

 【論文】

・アメノイハヤ神話のヨミ―八百万神とオモヒカネの神―(北野 達)
・出羽清原氏と海道平氏(上)(佐々木紀一)

・北杜夫ノオト 2―『白きたおやかな峰』をめぐって― (馬場重行)
・大学における「音読・朗読教材研究」の具現化と実践指導~欅坂46「世界には愛しかない」を群読教材として取り上げる試み~(髙橋永行)
・維新期米沢藩士の日誌とその言語(山本 淳)
・川本宇之介の社会教育論と図書館観(新藤 透)
・道徳の教科化に関する覚え書き―性の人権教育のゆくえ―(村瀬桃子)
 

【卒業論文】

・現代における若者ことばの多様性(川村唯樺)

・「公共図書館と点字図書館の連携」に関する実態調査―山形県の場合―(坪井飛呂香)

 

平成二十八年度 卒業研究名簿

平成二十九年度 授業科目担当および題目

平成二十九年度 受贈図書

二〇一七年度会則・学会役員

 

編集後記


>>過去の『米沢国語国文』論文目録はこちら